PRページ

PRページでまず考えるのが、ニーズなのか、付加価値なのかです。運営初期は顕在ニーズに向けて作ります。難しいのが、付加価値をウリにする場合。定義づけから、価値観の共有まで、対象物の分析・経験値など、すべてがクリアでないと成果につながらない。時間がかかります。情報過多の背景から、内容を的確に伝える配置も重要です。

 

制作手法:

取材内容からサービス価値とニーズの優先順位を見極め、内容をまとめます。おおよその文脈を明記します。
 

付加価値型

未来像の提示

そのサービスを使うことでどんな付加価値(変化)が得られるのか、未来を想像してもらう。

定義

その環境における本質的な貢献・役割を具体的に説明する。

価値観の共有

そのサービスのどこが魅力的なのか経験を踏まえ伝える。同じ価値観であれば、悪い気はしないと思います。こどもの頃に友達になっていく感覚でしょうか。

ニーズ優先型

ニーズ

具体的ニーズを知らせる

サービス

問題解決ポイントを主観・客観を織り交ぜ解説。できることを1つに絞る。難しい言葉を使わない。

強み

安心・信頼など、会社規模でのバックアップ要素を添える。

方向性の提示

サービスを受けた際、その方はどうなっているか。アクションに関連する内容であればなお良し。

制作実績:

不動産仲介業・売却PR
https://www.signup-co.jp/sell/index.html

CONTACT
もし共同でのホームページ制作に関心ございましたら、お声がけください。土・日・祝日対応します。
電話窓口10〜21時(年中無休)

〒143-0026 東京都大田区西馬込2-21-1 1F
TEL:03-3763-3619
FAX:03-6809-9557
 © 2010 kosakatakeshi shoten inc.