HOME | objective
 

ホームページ制作法

はじめてのサイト制作で、言われるがまま業者に丸投げしてしまった‥請け負いのサイト制作は、考える人と作る人が異なるの、いかに効率的に共同作業できるかが問題です。そのなかで目的が共有されているか、その都度チェックしています。制作方法をザっと提示します。  

1、サイト形態の決定

ホームページの活用方法はさまざま。どこの誰に何を伝えたいのか、その人はどういう状況なのか?優先順位をつけます。  

 A、ターゲットユーザー

 
BtoC(企業 対 個人)
BtoB(企業 対 企業)
CtoB(個人 対 企業)
CtoC(個人 対 個人)

B、サイトの目的

 
1、コーポレートサイト
2、プロモーションサイト
3、ブランディングサイト
4、リクルートサイト
5、通販サイト
6、店舗紹介
7、イベント紹介

C、メインコンテンツ(強み)

 
評論(個人の意見や分析)
自社コラム(技術・働き方)
企業情報(プレスリリース・ IR・商品紹介)
季節・企画・時事情報(トレンドを踏まえた記事)
お客さまの声・レビュー
インタビュー:商品・サービス紹介
イベントレポート・開発者や採用記事
サポート:Q&A
ハウツー:レシピ
用語集:
ヒストリー:変革・歴史
動画・ランディングページ

2、顧客分析

確率の高いニーズを教えてください。悩みや問題を糸口に、どう提案するか決め、検索エンジン内でのマッチングを狙います。 さらに性別や年代などを詰めることで、コンテンツ・デザインの方向性が浮かび上がってきます。

 

3、自社分析

会社の要素を強みにつなげます。ヒト・モノ・コトを掘り下げます。

 

4、競合分析

価格comさんなど、比較されて選ばれる時代です。業界の一般論は、新興企業によって塗り替えられます。オンライン上のトレンドを知り、自社の強みにつなげる。零細企業にとって不可欠な取り組みです。

 

5、課題設定

顧客・自社・競合分析の情報を軸に、サイト構成の課題を明確にします。この課題克服の工程なしに、問い合わせ獲得は難しいです。

 

(サイト確認事項)
A、コンテンツ デジタル素材精査 SEOキーワード
B、システム 操作性 機能性
C、デザイン 認識性 レイアウト

 

6、コンバージョン率を高める理由探し

「問い合わせボタン」を押してもらうには、それに見合った理由が必要です。ユーザーの課題を克服した情報を提供されているかサイトを見直します。
 

─ 成果のための成果物 ─
 

1、期待感あるキャッチコピーで離脱低下
2、アクセス者をとどまらせるイメージ共有(画像の選定)
3、独自の販売提案(ユニークな点)で差別化
4、信用・信頼の裏づけとなるコンテンツ
5、なぜこの仕事をしているのかの説明(仕事への真摯な姿勢)
6、問い合わせを逃さない導線
 

7、発注者さま参考資料

 
≫初回打ち合わせヒアリングシート
≫はじめて頼むホームページ制作要望書

〒143-0026 東京都大田区西馬込2-21-1 1F
Copyright 2012 ota-hp-assist.com. All Rights Reserved.