─方針の打ち出し

イメージ共有ができたら、サイトをどう組み立てていくか方針を立てます。 サイトの要となる「活用目的」「情報量」「ご希望」を詳細に把握。お互いがどんな課題をこなせば、サイトの質を向上させられるか計画を立てます。

 

※方針といっても工程を管理する高度なものではないです。

発注側と制作側の考えが一致されたサイト

■サイト構成の主だった要素

1、 活用目的
2、 情報量(素材)
3、ご希望
課題:ユーザーのゴール、達成に必要なコンテンツとは
課題:目的に沿う素材をどう集めるか
 
課題:デザイン・機能性の希望をどこまで取り入れるか
品質に直結するのでしっかりディスカッションする

ディスカッション内容:

■1■ ホームページの活用目的について

作る目的は各社さまざまかと。どこの誰に、何を伝え、どうリアクションしてもらいたいのか。サイトの目的を明確化、ゴールを設定します。情報ありきの発信ではなく、目的に沿ったコンテンツが求められます。
 

何を目的とするサイトなのか

1、コーポレートサイト
2、プロモーションサイト(強弱あり)
3、ブランディングサイト(難易度あり)
4、採用・リクルートサイト
5、通販サイト(難易度あり)
6、店舗紹介サイト
7、イベント紹介サイト

 
上記はBtoBのサイト形態です。たとえば、製品紹介もしたいし、会社情報も伝えたい場合、PR型のコーポレートサイトが考えられます。モチーフが決まっているなら「経験で磨かれた個性」を加え、ブランディングに発展させることも可能です。

 
 

どこの誰に見てもらいたいのか(ユーザー層)

BtoC(企業 対 個人)
BtoB(企業 対 企業)
CtoB(個人 対 企業)
CtoC(個人 対 個人)

 
もう少し具体的に、「どの地域」「どんな所属」「どんな立場」「どんな属性」の人に向けて作るかで効果は異なります。また切り口を変え、「子供・学生・お年寄り・外国人・CtoC」など、それぞれをさらに深掘りすれば、新しい顧客層が見えてくるかもしれませんね(^^)
 
 
 

目的に沿った情報を用意

コーポレート(会社概要・ごあいさつ・変革・アクセス・理念・採用・事業内容・社員紹介・社内行事・営業エリア)
プロモーション(価格・サービス内容・実績・コンセプト)
サポート(Q&A・プロセス・お約束・お問い合わせ)
新着情報(地域・季節・時事・社内報告・SNS
コラム(技術・道具・働き方・お客さまとのやりとり)
評論(専門家としての意見や分析)
お客さまの声(インタビュー・レビューサイト)
レポート(経験・開発・採用秘話)
ハウツー(レシピ・豆知識・スキルアップ)

 
ページに付加価値をつけるキーワードとして「信頼・安心・相性」が挙げられます。たとえば、信頼してもらうために50年の歴史を強調したいとして、「文字のつづり」だけでは説得力に欠けます。なぜ50年も続いているのか、その証拠がないと、印象に残らず信頼構築まで届かない。とはいっても、制作初期でそこまで求められないので、課題とし充実を図っていきます。

 
 

どんな提案で、どうリアクションしてもらうか

最後忘れがちなのが、提案+具体的なアクションの提示です。提案でおすすめなのが、ニーズを埋める問いかけです。とりあえずは小さな問題解決(ハードルを下げる)でコンタクトしてもらえれば上出来です。
 

■2■ 情報量(素材)について

基本、コンテンツで使用する文章・写真・イラスト・ロゴ等は御社でご用意いただきます。
 

トップページのアイキャッチにつながる大き目の画像(2000×500ピクセル程度)
各ページに掲載する写真
各ページに掲載する文章
ちらし・パンフレット・雑誌などの情報

 
素材が少ない場合、制作しながら増やします(サポート可能)。オリジナルコンテンツにこだわるなら、資料作成後の発注をおすすめします。
 
LinkIcon 無料素材を使う際の注意点

■3■ ご希望について

発注側の希望を理解し、それを具体的なカタチにするのがデザイナーの仕事です。実現できるかは別として(予算・スキル的な問題で)、要望点をまとめておいてください。優先事項があればお聞かせください。

実務の要望

予算 納期 サーバー管理 SLL化 ライティング フォト撮影 動画撮影 MAIL設定

サイトの要望

ページ構成 内容 デザイン カラー 機能性 操作性 SEO SNS オリジナリティ

これでディスカッションは終了です。あとはヒアリング内容を精査し、簡単ですが方針書を作成します。

 
 

後日、方針決定。あとはそれに従い作るのみ

サイト要素を深掘りした結果、何が足りないか課題が浮き彫りになります。ホームページ制作は共同作業です。お互いが決めた課題をクリアしてはじめて、成果に近づけます(押し付けることはないです)アイデアがあれば取り入れますので、3人寄れば文殊の知恵で実りある制作にしていきましょう。

CONTACT
もし共同でのホームページ制作に関心ございましたら、お声がけください。土・日・祝日対応します。
電話窓口10〜21時(年中無休)

〒143-0026 東京都大田区西馬込2-21-1 1F
TEL:03-3763-3619
FAX:03-6809-9557
 © 2010 kosakatakeshi shoten inc.