HOME | 経営者まなび | バイク修理屋さんの意外性
 

バイク修理屋さんの意外性

オオイガモリワークス 木下社長
http://motorcycle-ooigamoriworks.com/

 

素直にありがとうって、言った方がいいですよ。

これは謙虚になれと説いた、木下社長の助言です。真夏の昼下がり、山家社長から山梨でバイク修理屋をはじめる人がいるので制作の相談にのってほしいと電話がありました。ちょうどバイクで上京している最中で、翌日にお目にかかれることに。近所のすかいらーくで独立した経緯などお聞きし、その流れで「小坂さんは、ホームページ作れたりすごいですよね」と言ってくれたんです。わたしは謙遜の意味合いで「そんなことないっすよ、スキルある人たくさんいますし‥」普通ならそれで終わるんでしょうけど、木下さんは違いました。真剣な眼差しで「素直にありがとうございますって、言った方がいいですよ。本当に思ってるんだし、損ですよ。」背筋が凍る思いでした。じつは対話から発掘されるリアリティが制作の醍醐味なんです。暗黙値たる知恵が引き出せたとき、自己満足ですが、制作に携わってよかったと認識できます。また木下さんは技術屋さんで口はうまくないですが、すごくおちゃめな方でした。そのセンスはバイク整備日誌で発揮されています。
 
話はそれましたが、この出会いから何事も否定せず受け入れる、フラットさを意識するようにしました。それは交渉の場でも活かされます。相性の良い人・悪い人いますが、まずは受け入れる。木下さん、気づきをありがとうございました。東京と山梨ですが、情報交換していきましょう。

 © 2010 kosakatakeshi shoten inc.