大田区・コサカ制作
お問い合わせは  03-3763-3619
時計
10:00~21:00(365日受付)
 
HOME | case | wafu-busa
 

生唾もののお料理をインスタで

和風居酒屋 房さま
https://wafu-busa.com
 
制作も佳境に入りもう一息。2月に奥さまがが撮影した、温かみある料理の品々をサイトにアップしています。そこには和料理へのつつましい気持ちが感じ取れます。丁寧な盛り付けはお客さまへの礼儀、和とすぐにわかる食材のチョイス、難しい言葉を使わないシンプルなメニューもそうでしょう。
またご主人の印象は、さすが板歴25年のたたずまい。黙々と下ごしらえをする姿が忍耐強さを感じ、その料理はつつましい半面、力強さなって表われている。それは馴染みのお客さまにも伝わっていて、固い絆を生んでいると想像しました。これは見えにくいけど、コミュニケーションなんだと、その本質を教えていただきました。
 

日本料理一直線、その意味

今完成して改めて感じるのは、ご主人はブレない板前。それに尽きます。お客さまに対しても・料理に対しても、家族に対しても、実直かつ真摯な姿が拝見されました。さらには日本料理のみにこだわった一貫した調理法、、だから一直線だったのです。
 

今後の課題は「食べるドラマ」

時間の合間をぬって、今すぐに取り組んでほしいのはお品書きの改善。食べたくなるようなそそられる文章の追加です。こればっかりは試行錯誤し、料理を完成させた本人じゃないと伝わらない。仕込みの合間に30分、料理とにらめっこするようにじっと観察し、どんな特徴があって、どういう過程でメニューになったのか、思いを巡らす。たとえば それはどこでとれた食材で、どんな特徴のある方法で調理して、味付けにはどんな工夫があって、さらにその特徴はなぜ生まれたのか、料理の写真とそのこだわりを文字で埋め尽くしてほしいです。それを上品な紙に印刷し、品書きに添えれば、お店のグレードは自然と上がります。 ただこれを実現させるには、訓練が必要です。食べる毎で感じる癖をつけること。
 

噛んだ瞬間に食材から流れる味の質
その触感
見た目を魅力的な言葉でおきかえるとどうなるか
匂いから伝わる印象
誰でも知っている食材や味の感じ方でたとえてみる
それはどう美味しかったのか、どうまずかったか、何がひっかかったのか、

 
数秒ごとの実況中継を繰り広げることで感受性が高まるのではないでしょうか。まさに食べるドラマです。そうなると作ってくれた人への「ありがとう」が自然とセリフになります。まずは感じれる人間になる。そうでないと人には伝わらない、そのことを感じさせてくれた制作でした。房さん、ありがとうございます。

〒143-0026 東京都大田区西馬込2-21-1 1F
Copyright 2012 ota-hp-assist.com. All Rights Reserved.

▼制作一覧

 
造園業
壁紙張替え・内装業
不動産仲介業
時計修理業
小売業
相続診断業
バイク整備業
精密金属加工業
圧着工具メンテナンス業
車内装修理業
飲食業
商品パッケージ製造業
永代供養・仲介業
宿泊業